フォークリフトという機械力が導入されることとなった現場の事情とは・・・

フォークリフトが不可欠となっている倉庫という現場

フォークリフトが一番活躍している現場といえば、やはり倉庫ということになるでしょう。というのも、フォークリフトというのは貨物を移動するために使われる機械ですから、多種多様な貨物を保管しておく場所であり、それに伴って貨物の搬入や搬出という作業がひっきりなしに発生する倉庫では、まさにフォークリフトのような機器が不可欠のものとなっているからです。もしもこのフォークリフトがなかったとしたら、そうした貨物の搬入や搬出、移動といったものは全て人手で行わなければならなくなってしまい、大変な人数と時間を要することになってしまうのです。

人力による作業の限界を克服するために・・・

フォークリフトという搬送機械が導入されることになったのは、人力による作業では、あまりにも手間も時間もかかり過ぎるからだったのでしょう。大量の貨物を保管していて、その搬入や搬出にかかる手間も時間も膨大なものであった倉庫では、もはや人手による作業に頼っていては、その業務が裁ききれないという限界に達してしまったために、機械力による業務の効率化を図らねばならなくなってしまいました。このためにフォークリフトという機械力が導入されることとなって、その問題解決を図ることになったわけなのですね。

無人化フォークリフトによる自動化システムの導入も

フォークリフトは通常、作業員が運転や操作をして動かしています。しかし、このフォークリフトを無線操縦による無人フォークリフト化しているところもあるのです。もちろん、そのためには無人化フォークリフトのための自動化システムの構築が必要になるわけですが、ファクトリーオートメーション(FA)の一環として、それを行っている企業もあるわけですね。この無人化フォークリフトを、製造ラインの自動化と統合させる形で、一環した自動化システムとして構築し、業務の効率化とコスト削減を共に行おうという事業戦略なのです。

フォークリフトは、物流の現場になくてはならない戦力です。パレットに乗っていれば重い荷物でも軽々と持ち上げ、長い距離でも運搬できる優れものです。