ちょっと待って!トイレ詰まりが起きたら確認しておくべきこと

トイレ詰まりの大半は自分で直せる

不意に起きてしまう厄介ごとの一つが、トイレ詰まりでしょう。昨今ではトイレの構造が改良されたことで滅多に発生することは無くなりましたが、それでも完全にトイレ詰まりと無縁というわけにはいきません。普段トイレ詰まりに遭遇したことがない人は、故障したと思って水道修理業者をすぐ呼んでしまいがちですが、トイレ詰まりの大半は自分の手で直せてしまいます。業者を呼ぶ前に、しっかりとトイレの状態を確認してから原因を推定し、まずは自分で対処するようにしてみましょう。

便器の水が貯まる貯まらないは、排水路の詰まりが原因

トイレ詰まりで最も多い原因の一つが、便器から下水道へ水を流す排水路における詰まりです。便器に流した汚物やトイレットペーパーの量が多過ぎたり、これらを押し流す水量が足りなかった場合は排水路にこれらのものが貯まってしまい、詰まりとなってしまうことで便器に貯まる本来の水位から外れてしまうという現象が発生します。こうした原因は、ラバーカップでの処置で十分対応できるものが大半ですので、まず自分の手で詰まりを取り除くようにしてみましょう。

水漏れが認められた場合は、場所に応じて対処

排水路の詰まりではないのにトイレが詰まってしまったという場合は、床面やトイレにつながるパイプを確認してみましょう。これらの場所から水漏れが起きていた場合は、トイレの水流が足りずに詰まってしまっていることが考えられます。パイプのパッキン部分からの水漏れであれば、パッキン自体を交換したり、ホームセンターなどで購入できる耐水パテで補修すれば直せることもあります。パイプ自体の破損や、床面の下などの手が届かない場所が原因であった場合は自分では対処できない可能性が高いので、そこで初めて水道修理業者を呼ぶようにすれば良いでしょう。

基本的に水道修理とは水道蛇口からの水漏れの事であり、吐水口からの水漏れなのか、ハンドルの下やパイプの根元からの水漏れなのかなど、どこから水漏れしているのかでその方法も変わってきます。